FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LYNX 

DSC_0210.jpg



DSC_0215.jpg


色はもちろん赤です。
バッグに入れても邪魔にならないサイズ。

つるつるぴかぴかなのでケースに入れてます。
何と、ヴィトンのバケツに付属のポーチがぴったり!
無駄に高級感が出てしまった。

スポンサーサイト

Morelomo 

カメラのネタが出たところで、iPhoneのカメラ周りのアプリでお気に入りのものを。
一度にNormalのものとLOMO風のものと2種類撮れる。

■ Normal




■ LOMO




ちなみに標準のカメラで撮るとこんな感じ。




あと、これってシャッター音がしない。
別に盗撮しようってわけじゃなくても、音しない方がいいなぁって場所で撮る時とても便利。

カメラ比較 

■iPhone




■LYNX

DSC_0002.jpg


どちらもデフォルトのまま、ただシャッターをきっただけの画像。
iPhoneの方が好きだなぁ。
あと、LYNXシャッター音でかすぎ!

VAIO P -2- 

DoCoMoの無線WAMを新規契約すると3万円引き!
こういう言葉にふらふらと誘われてしまうのよね~。
結局、月々回線使用料がかかっちゃうということはわかっているくせに。

なわけで、ソニースタイルでオーナーメイドすることに。
予算に余裕があればがんがんスペックアップするところだけど、そうはいきませんな。
庶民ですからね。

てか、所詮、ネットとテキスト打ちくらいしか使わないのよ。
メインのMacBookだってそんなものなんだから、それ以上は必要ないんだね。

実はMacBookのブラウザ(Safari)がいっじょーに重くて、それと同程度なら許しちゃう。
くらいの寛容な心持ち。

ネットワーク周りを全部入りにして、WEBカメラを排除。
もちろんワンセグも付けません。
それでほぼ店頭バージョンと同じくらいのお値段。

ネットで情報を集めようとしたんだけど、まだ発売されて間がないせいか、あんまりなくてね。
プロのレビュー記事ばっかり。
前機種との比較ってどうでもいいし。
数字でなんか出されてもわかんないし。

だからほぼ直感。
わはは。

一番悩んだのは色だったりする。
候補はこの2色。

p11_002.jpg

迷う迷う。
迷うのが楽しいわけだけど。  

で、迷った結果こちら。

03_px250.jpg

02_px250.jpg

04_px250.jpg

そんなわけで、あまり出番はないとわかっていつつ、結構な無駄遣い。
買って早々に首を痛めてしまって、重い荷物を持ち歩けない状態になってしまったし。
てか、「重いから置いてこ」と思ってしまう段階で、モバ機としては失格なんだよな。

まあ、Windows1台持ってて損はないだろう、うん。

VAIO P -1- 

ちょいちょいつぶやいてみていたのだけど、結局買う事にしたのね~。

きっかけはたぶん、ドコモの新製品N-08Bの発表だったのではないか。
モバギとかシグマリオンとかを連想させる製品でしょ。
l_os_n08b-001.jpg
l_os_n08b-002.jpg

固体のコンパクトさとか、かなり惹かれるものはあったものの、中身が携帯なの。iモードなの。
スマートフォンでさえないの。
見かけ倒しなの。

だから、買うぞーってことにはならなかったのだけど、丁度その頃、twitterに若造とかよーちゃんとかがフォローしてくれて、シグマリ世代っつーの?あの頃が懐かしいなーって気分が高まっちゃったのね。
私はキーボードが好きだ!なんてことを思い出してみたり。

でまあ、ちっちゃいパソコンを探してるうちに、辿り着いてしまったのだなあ、VAIO P。
初代のヤツとかね、もちろん知ってたけど、ちょっと今度の新しいヤツ、面白いデザインじゃないの!

過去の経験からして、私の場合、見た目で選んだもののほうが間違いが少ないのだ。
とはいいつつ、ThinkPad(Windows2000)以来のWindowsPC。
なかなか悩ましい日々が続くのであった。

l_tm_1005vaiop_01.jpg


…ぶっちゃけ、iPhone4もかなり欲しいけど。

Shazam/TuneWiki 

Shazamは超メジャーなアプリです。
周りのシロートさんにiPhoneをプレゼンする時の必須アイテムのような。

けど、意外と日常生活で使う?と思っていましたが、今回、持ってて良かった!な経験をしましたですよ。

ワタクシ、とあるデパートのトイレに入っておりました。
個室の中で、いざ!(何が)な時、BGMで流れていた曲に聞き覚えが。
なんだっけ、これ。
昔、すごく聞いた気がするぞ。

そこで、登場ですよ、Shazam

ボタン操作が1回で、あとは画面をタップして進んで行くというiPhoneの操作性がいかに効率的かということを実感します。
モタモタしてたらその曲終わっちゃうんだから。

無事立ち上げ「Tag」をタッチして、読み取り開始。

IMG_0117.png


分析の結果がこのように表示されます。

IMG_0113.png


この画面から、すぐにiTunesへ飛べて、プレビューを聴けて、気に入ればそのまま購入も出来る。
これが何のストレスもなく、一つの流れで済むことの素晴らしさ!
どこでもネットに繋がるiPhoneのメリットですな。
touchはここが惜しいとこなのだ。

で、この曲ですが、昔コーヒーかなにかのCMに使われていた「Tom's Diner」と判明。
テレビで流れていたので、確かに聞き覚えはあったものの、曲名やアーティストについては知らなかったので、今回アルバムを購入してみました。
声が好きかなぁ。

で、普通にiPodで聴いても良いのだけど、TuneWikiで聴くと、歌詞が表示されたりして便利かも。
かつ歌詞表示を日本語にセットすると、かなりめちゃくちゃな訳詞になるので、ある意味楽しめる。

IMG_0112.png


Shazamでは、検索結果からYouTubeにも飛べて、動画で観ることも出来る。


IMG_0118.png

でまた、iPhoneのYouTubeからメールでPCへ動画のアドレスを送れるので、自宅でゆっくり観ようという時も便利。

こう、文字で説明すると煩雑な作業に思えるけど、実際は、ホントあっけないほど簡単な事なんだよね。
もちろん、アプリを探して入手してる事が前提だけど。

あらためて「やるな、iPhone!」と思ったのでした。

i文庫 

iPod touchの時に、キラーアプリとして紹介したのがSTANZAですが、最近はもっぱらi文庫を使ってます。

縦書き明朝体で、紙の書籍を思わせるデザインが心地よいです。
あとは、任意のテキストを読み込む作業が、STANZAより格段に簡単。

例えば、下のエントリーをi文庫で読むとこんな感じです。

表紙
書籍っぽい!


IMG_0043.png

実は、作者名を表示させるのに、かなり手こずってしまった。
それだけに、ちゃんと表示された時はものすごい達成感。
だから、デジモノいじりはやめられない。


本文はこんな感じ

IMG_0044.png


画像も挿入出来る

IMG_0045.png


一通り手順が分かってしまえば、単純な作業なので苦にはなりません。
自分のブログが書籍になった気分も味わえますよ。

1年間お疲れさまのiPod touch 

20090708223643
こいつを使ったからこそ、iPhoneに逝ったと思うの。

楽しかった。
役に立った。
途中で飽きなかった。
だから、iPhoneを2年使う自分が想像出来た。
お前はイイ奴だったよ。

ところで、一緒に写ってるメタリックなBodyにリンゴのマークな物
体はもしや!

Polarize 

20090708220609


画像をポラロイド風にしてくれるアプリ。
日本語でコメント入力出来るともっと良いけど。
でも、楽し~よ♪

カメラ機能 

20090707140413
かな~り好きかも。
自分で細かいカスタマイズとか出来ない私にとって、簡単にそこそこの写真が撮
れるってのが有り難い。
この写真は、Vint Shiftというアプリを使って撮ったもの。
結構良い写真になってると思うのだが、どうだろう?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。