スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗癌剤-9回目- 

タキソール5/12。

抗癌剤前日は、緊張するのかなかなか寝付けない。
今日も、朝4時頃から2時間くらいウトウトしただけで寝不足。
先週、点滴中に寝ちゃったこともあって、今日は爆睡するかも知れない。
そうなると、コンタクトレンズの貼り付き防止のためメガネにしておいた方がいいかも。
ということで、今日はメガネでれっつごー!

受付を済ませた後、つい外科の外来へ行ってしまう。
いつもの「本日の担当医」のところにU岡先生の名前がない。
ああ、やっぱりそうなんだなぁって淋しくなる。
今日は、点滴室のドクターに、簡単な問診をしてもらうんだった。

「前検査」の採血スピードアップと、いつも込み合う外科外来での診察がないことで、非常にテンポ良く進んだ。
白血球は3800。
先週とほぼ同じ。
頑張ってるぞ、アタシ!

点滴のルート取りは一発で決まったのだが、その後アクシデント発生。
針を刺した看護師さん(いつもの肝っ玉母さん)が「あわわ、あわわ」している。
点滴のチューブを繋ぎ終わって、普通なら掛け布団をかけてくれるはずが、「ちょ、ちょっと待ってね。手を拭かないと」と言ってアルコール綿を大量に持って来る。
何ごとかと思って、針の刺さった自分の右手を見る、と。

うわーーーー!
流血ですっ!
手首を乗っける枕がまっかっかですっ!

結局、アルコール綿で拭いたくらいでは間に合わなくて、石鹸でにゅるにゅるされ、お湯でちゃぷちゃぷされ、点滴しながらネイルサロンに行っているような(行った事ないけど)。
他の看護師さんも寄って来て、「あらー、エステ?(笑)」とか言ってるし。
見た目の凄惨さほどには出血量は大した事ないし、なんか大騒ぎになったのが、おかしいやら申し訳ないやら。

今日は爆睡の予定だったのだけど、この事件のせいで、すっかり精神が昂揚してしまって、5分くらいうつらうつらしただけだった。

例によって、利尿作用のせいで、オシッコ漏れそう(笑)
点滴の途中では行かなかったけど、終わった途端トイレ直行。
じゃぶじゃぶ出る。
その後も、1時間おきくらいに「じゃぶじゃぶ」。
脱水症状を避ける為に、お水「ごくごく」。
「ごくごく」「じゃぶじゃぶ」「ごくごく」「じゃぶじゃぶ」

さて、本日のお会計。
19,220円ナリ。
これで、3月は高額療養費給付の基準(72,300円)を超えて、105,330円になるので、3万ちょっと戻ってくるね。
次からは基準額が40,200円に下がって自己負担が減る。
やった!

今日の広島は、久しぶりの晴天。
この一週間、雨→雪→雨。
雨の日は風も強く大荒れ。
雪は、3月も下旬だというのに、20cmの積雪。
それが、ようやく、春らしい天候に戻った。
いや、こんなめちゃくちゃな気候だと体内時計も壊れちゃうわよ。
でも、ぽかぽか、あったかい~。
うれし~。

そのせいか、昼ご飯を食べたら、強烈な眠気。
メガネも眠気に拍車をかける。
「メガネ」=「お家でくつろぎモード」という条件反射でもあるのか?
コンタクトレンズの方が、断然緊張感があるよね。

うーん。
今日は帰るか。
明後日も出かける予定あるし。
体力温存といきましょう。

どうか、このまま春になってね♪

スポンサーサイト

やっぱり 

また、脱毛がはじまってしまったみたい。
お風呂上がりに頭を撫でると、3~4mmの健気な髪の毛がいっぱい掌にくっついていた。
ああ、また抜けるのかぁ。
覚悟はしていても、嫌なものは嫌だ。

これを耐えれば治るのだと、信じていなければ哀しすぎる。
もし、何をどうしても治らないというのなら、髪の毛の抜ける治療は受けたくない。
もう、何も失いたくない。

身体が痛い。
歩き過ぎた後のように、足がだるい。
筋肉がぴりぴり痙攣する。

生きる為に闘っている。
ならば、何の為に生きるのか。
私に生き続ける意味があるのか。

気をつけないと、とんでもない虚無感に襲われる。
負けてはならない、と、いつも自分に気付け薬を打ち続けている。
これまで、漫然と生きて来てしまった。
だからこそ、これから、そうじゃない人生を作らなくちゃならない。

何か、あるよ。
生きてれば、何か、きっと。

なごり雪 

3月も下旬だというのに、ぼったぼたの雪。
風も強い。
銀行まで行く予定があって、出かけるのめんどーい!
でも、もしかしたら、これがこの冬最後の雪かも知れない。
それなら、雪の中を歩くのも悪くない気がして出かけてきた。

副作用のせいか、今日は、身体中がどんよりと重い。
顔も、もったりした感じ。
浮腫んでるのか…。
腕や足は筋肉痛のような不快感がある。
ぴりぴりする。
どれも、日常生活に差し障るほどではないけど。

頭髪がそろりそろりと伸びてきた。
頭全体をうっすらと黒いものが覆っている。
タキソールでまた抜けるかと覚悟していたのだけどね。

坊主も慣れれば、なかなか快適。
シャンプー楽だし、ブローいらないし。
自毛じゃ出来ない髪型も、Wigで楽しめるし。
今の、「基本家でゴロゴロ」「たまに外出」、みたいな生活なら、な~んも不便はない。

けど、働くとなったら、やっぱり髪の毛生えてて欲しい。
一日Wigって大変だよ。
ずれたら困るし、頭蒸れるし、疲れるし。
髪が伸びてくれたら、本当の意味で社会復帰出来るような気がするんだよねぇ。

新たに生えてくる髪って、これまでと髪質が変わることがあるらしいじゃない?
私は子供の頃に、長い髪をばっさりショートにしたら、それまで、さらさらで毛先だけクルンとカールした可愛らしい髪質だったのに、うねうねくせ毛で剛毛になってしまったという、哀しい記憶がある。
だから、次に生えてくる髪にはちょっと期待してる。
さらさらストレートとか贅沢は言わないけど、もうちょっと扱い易い髪の毛が生えてくれますように。

抗癌剤-8回目- 

タキソール4/12。

雨でバスが遅れて、受付番号もいつもより10番くらい遅め。
採血の時、看護師さんが「あー、血管細いねー」と言いながら、でも普通の針(厳しいときは細い針に換えられたりする)で一発OK!
だんだん暖かくなってきて、血管も拡張してきてるのかしら?

血液検査の結果を待って、ドクターの問診。
この一週間、特に変わった事もなかったのだけど、今月に入ってから(タキソールの投与が始まってから)生理が来ない事を告げた。

抗癌剤が卵巣の機能を低下させるので、生理が止まる事はあるとのこと。
「治療が終われば戻りますか?」
「……戻らない事もあります。妊娠とか出産の計画がありますか?」
「いえ、ないです。全然ないです」
けど、ドクター、そんなの『聞いてないよーーー!!

もう、やだ。
不細工なおっぱい。
頭は坊主。
薬と運動不足でぶくぶく太って。
その上、生理も止まっちゃった。
もう、女とは言えないね、この身体。

けどまあ、正直なところ、「これで、生理痛に悩まされることもないのか」と思うとちょっとホッとしてたりもする。
生理自体は、たぶん、周囲の人たちと比べて『やや重』くらいだったと思うけど、痛み止めの薬を飲めない体質なので、ひたすら痛みに耐えるしかなかったのが辛かった。
だから、現実的には、別に子供を産む予定もないから支障もないし、逆にメリットもあるにはあるんだけども。
でも、あるべきものを不自然に失ってしまうというのは、やはり哀しいものだ。

それに追い討ちをかけるように、ドクターから衝撃の告白!
「私、来月から別の病院に移るんです。来週はもう診察出来ないので、今日が最後になります」
『えーーーー!?』<心の声
「途中で担当医が替わってしまって申し訳ないのですが」

まあ、もう既に私の治療スケジュールは決まっていて、折り返し地点も過ぎてるわけで、あとは副作用の様子を見つつスケジュールをこなすだけではある。
担当医を最も選ぶのは、やはり手術だろうから、それが終わっている私はまだマシかも。
これが、ここまで術前化学療法(手術前に抗癌剤治療をして腫瘍を小さくする。それによって、乳房全摘から温存手術に切り替える事も可能になる)で、これから手術って人はショックが大きいだろうな。

それにしても、なんか淋しい。
「全てを信頼してお任せします!」って言うような、頼りがいのあるタイプじゃなかったけど(ほら、生理が止まるとか聞いてなかったし)、とにかく優しくて、微妙に女である部分に関わることについて、傷つく事なくここまで来れた。
そのことは、本当に感謝している。

次はどんな先生になるんだろう。
嫌な先生だと困るなあ。

で、血液検査の結果、白血球値3700。
先週より、また少し減ってますが合格ライン。
4回目決行です。

今日は点滴の方も、ルート取りが短時間一発OK!
やっぱ、あったかくなって来たからかしらね。

タキソールは成分にアルコールを含んでいるせいか、投与中は眠くなる。
これまでは、「うとうと」することはあっても、さすがに緊張していて熟睡はしなかったんだけど、今日はやっちまいました。
後半20分間、完全熟睡。
看護師さんに「終わりましたよ」と声をかけられて目が覚めた。
まあ、寝てる間に済むほど楽なことはないのでいいのだけど。
ただ、その後、コンタクトレンズが張り付いてかなり不快。
点滴の日はメガネにするかなぁ。

遅めに着いたわりには順調に進んで、終わったのは12時半くらい。
点滴も猛スピードで落ちてったもんな(笑)
お支払いは、21,040円。
今日も大枚飛んでゆく~♪

いつものウ゛ィドフランスでお昼。
今月の新作のこいつ↓を見つけ、『わはは、おっぱいだ!』と心の中でウケまくる乳癌患者。

20050323-oppai.jpg


中に、カスタードプリンと生クリームが入っていて、ものすごく甘い。
「あま~い!甘過ぎるよ、小沢さん」ってくらい、甘いです。
ドリンクはノンシュガーにするが吉。

その後は、本屋を徘徊。
あったら買おうと思っていたものが悉く見つからなくて、「ぶも~」な気分。
やっぱ、Amazonで買うか。
本って結構重いから、自宅まで届けてくれる通販は、実はとても助かるんだよね。

で、結局「ケータイBest」だけ買った。
今月号には、ケータイ大全みたいな別冊付録が付いていて、それが面白そうだったので。
職場襲撃用カフェで来客を待つ間、じっくり読む。
うん、面白い!

今でこそ、携帯・通信業界にどっぷりハマっている私ですが、携帯デビューはさほど早くなく、「昔はそうだったんだ~」なんて事もたくさん書いてあって、いろいろと勉強になりました。
レアもの機種なんかの写真もあって楽しい。
伝説の「ドラえホン」とか。

さて、恒例の職場襲撃だけど、今日はちょっと特別な日。
先週の日記にも書いた、最多登板を誇るM氏が今月いっぱいで仕事を辞めることになったので、ここでの面接は今日が最後。

病院の帰りに職場の皆と話すのは、本当に私にとって大事な時間で、その中でもM氏は特別だった。
一緒に働いていた時より、私が辞めて病気の治療を始めてからの方が、たくさん話をした。

入院、手術、抗癌剤。
その間、細かく凹んだりすることはあっても、どん底にまで落ち込まずに済んだのは、彼の力によるところが大きい。
「心のお薬」的な役割を押し付けてしまったことは、とても申し訳ないと思うのだけど、それには理由がある。

「乳癌」という、マジ笑えない病気で、しかも女特有の訳の分からない精神的な起伏を、M氏は良い意味で「流す」ことが出来る人。
一緒に泣くでもなく、必要以上に気を遣うでもなく、けど、無神経に傷つける事もなく、丁度良いバランスと距離間で私に接してくれる。

普段元気にしていても、そこはやはり「癌」なわけで、何もないかのようにスルーされると若干傷つくんだけど、でも、癌患者と接している事を必要以上に負担に感じられても、それはそれで、こちらも困る。
その辺の「流し方」の絶妙さが、M氏と話していて心地よかった。

彼はここを見てるはずなので、あまりこういうことを書くのは照れくさいけど、でも、面と向かっては絶対言えないと思うので、あえて書いときます。

そこに行けば必ず会える、と思っていたM氏が居なくなってしまう事は、とても淋しいです。
「これっきり」ではないかも知れないけど、これまで通りではなくなるわけで、それは、「淋しい」と100回、1,000回、10,000回、いや何回書いても届かないくらい淋しいです。

だから、メール寄越しなさいねっ!
って、最後は、脅迫かよっ!
てか、脅迫なんだ?(笑)

今日は、直接的な(身体を治してくれる)お薬(ドクター)と、間接的な(精神面での)お薬(M氏)と、ダブルでお別れだったことになる。
しみじみと、3月は別れの季節だなと思うわけです。

ぅおー、地震! 

びびった ((((;゚Д゚)))

あわててメガネとヅラを装着する自分が、オモロカナスィ…。

D-snap Audio 

PanasonicのSDオーディオプレーヤーが『D-snap』の名前を冠して発表されました。
このニュースに接して、ワタクシ、しみじみと感慨に耽ったりしております。

まず、『D-snap』というシリーズが、浜崎あゆみをキャラクターに配して大きく宣伝出来るほどのブランドになったことを、あらためて「良かったね~」と、母のような気持ちで思うのです。

私が買ったのは初代D-snap。

20050318-d-snap_comp02.jpg
『携帯サイズのマルチカメラ』

ここでレビューとか書いてます。
そのレビューでは、「万民にはオススメ出来ないし、人が気に入って買ったものに文句つけるのはやめてくれ」なんて謙虚(?)なことを言ってますよ。
あの頃は、一部のあたらしモノ好きなマニア向けの商品って感じだったのに、こんな風にメインを張らせて貰えるようになるなんてね。

まあ、私の興味の向いていた方向が間違っていなかったってこと?
時代が私に追い付いてきたってこと?
いつでも私は正しいってこと?
(はい、すみません。いい加減にしときます)

そして、PanasonicのSDオーディオプレーヤーといえば、私にとって懐かしいのがこれ↓。

20050318-sd_audio01.jpg
『価格は49,800円だったらしい。たけー』

まだ誰も、首から音楽ぶら下げて歩くなんてやってなかった頃ですよ。
SDがメモリカードの主役になれるとも思ってなかった頃ですよ。
持ち歩く音楽といえば、MDだった頃ですよ。
そんな頃に、ただカッコイイ!ってだけで買ったのでした。

実際、使い勝手は悪い(専用ソフトでのチェックイン/チェックアウトが面倒)し、SDカードはまだまだ高額だったし、それほど使い倒しはしなかったのだけど、でも、持つ喜びは十分感じさせてくれました。

この新製品は、その「カッコイイ!」っていうトキメキを再び感じさせてくれます。

20050318-Dsnap01.jpg
『SDオーディオプレーヤー SV-SD100D/90』

20050318-Dsnap02.jpg
『メモリーオーディオプレーヤー SV-MP730V/720V』

MPの方は、どうせこのデザインにするなら、USB直挿しにしてくれれば良かったのに、と思います。
iPod shuffleと同容量で約1万円高い。
FMチューナーとボイスレコーダーと液晶が付いてる分高いってことかしら?

専用ソフトが要らなくなったり、転送も簡単になっているようだけど、でもMac非対応だそうで。
AppleのiPodがWinに対応してるのに、なんだそれ?って感じ。
結局、面倒くさいってことなんでしょうね。
そーゆーとこが、イマイチ嫌い。

そうやって、SDオーディオプレーヤーでシリコンオーディオプレーヤーに目覚めた私は、その後、『EX Rouge』をしばらく首から下げ、そして、iPodへと進んで行くのでした。

うーん、自分のデジヲタ歴を、はからずもふり返ることになってしまったわ。
ま、あれよ。
結構、先見の明があるでしょ?っちゅーことで〆てみる。
かな?(笑)

業界初の音声定額制 

WILLCOM新サービス「ウィルコム定額プラン」等の提供について

簡単に言うと、月々2,900円の基本料金のみで、WILLCOM同士の通話し放題。
端末からのメールも使い放題。
更に、2,100円のオプションを付ければ、端末単体でもPC接続時でもパケット通信使い放題。
無料通話は含まれないので、WILLCOM以外への通話は従量課金。
年契割引、AB割、長期割引、データセット割引などは適用されない。
ファミリーパックにすると、2.900円→2,200円。

これまでのプランと比較すると、標準コース(無料通話分なし)+オプションメール放題とほぼ同等の基本料金に、WILLCOM同士の通話無料という特典が付く、という感じ。

オプションの「リアルインターネットプラス[1x]」を付けると、5,000円でこれまでのAIR-EDGE PHONEでつなぎ放題[x1]と同等のサービス+WILLCOM同士通話無料が特典として付いてくる。

WILLCOMが苦手だった、「ファミリー囲い込み」を割引ではなく、基本料金プランでやってしまおうということですね。

サービスとしては素晴らしいです。
vodafoneやDoCoMoがCM垂れ流してる同じキャリア間メール無料とか家族間メール無料とか、そこらへんを一気に超えちゃってます。
また、通話定額って携帯キャリアには絶対出来ない技ですから、パケット定額みたいに、「上手く丸め込んで定額感を出しましょうね」って、後追いしてきた携帯キャリアに逆に持って行かれることもなさそうです。

ここまでは、いつも素晴らしいのがWILLCOM。
端末からのパケット完全定額もブラウザ搭載端末も、携帯で音楽をダウンロードして聴こうと提案したのも、ワンプッシュオープン機種を出したのも、端末にSDカードスロットを搭載したのも、端末にカメラを付けた(外付けだけど)のも、なんだかんだで最初はWILLCOMだったわけっすよ。

それが結局は他キャリに美味しいとこ持って行かれ、時代遅れのPHSっていうイメージだけ擦り付けられてきた屈辱の年月。<かなり恨みは募っているらしい(笑)

このサービスで100万件の回線増を狙うと言うなら、まず、ナイスな端末を出せ!
auやFOMA並のデザインと機能を持つ端末に、このサービスが付くなら夢は大きく近付く。
そして、宣伝に金をかけろ!
手作りPOPとか、よせ!

現場に居た人間として切に希望する。
隣に並んでるauの端末と見比べて、「ダセー」と吐き捨てられる声は聞きたくない。
「カメラは?アプリは?ないの?うっそー!?」と言われすごすご引き下がる時のみじめさはもうイヤだ。
本気で端末作ってくれ。

あとは、キムタクに「WILLCOMサイコー」と言ってもらえば勝ちは見えた。
わけのわからないカッパとか、やめて…(泣)

抗癌剤-7回目- 

タキソール3/12回目。

ここ数日寒くてさぁ、億劫だわ。
でも、行かねば!

バスが渋滞で遅れて、採血の順番が心配だったのだけど、なんか今日は人が少ないのかいつもと同じくらいの番号だった。

中央処置室の前の待合にはテレビがあって、だいたいNHKの番組が流れている。
その番組の今日の特集が『生活ほっとモーニング~がんサポートキャンペーン NO.4 松村尚美さん 最期まで自分らしく~』。
乳癌が再発した患者さんの生きざまを取材した番組。

司会者の言葉が耳に飛び込む。
「松村さんは、番組に出演していただいた3週間後にお亡くなりになりました」
 .
 .
 .
「お亡くなりになりました」

うわー!うわー!うわー!(滝汗)

病院の待合室で流すには、かなりキビシイ番組ではないだろうか。
もちろん番組は、最後まで自分らしく生きようとした松村さんの訴えたいことを丁寧に取材した、とても良質なもの(たぶん。全部は見てないので)だったのだけど。

テレビに出演してお話し出来る状態の人が3週間で死んでしまう。
今日やってた『救命病棟24時』は、余命1ヶ月に満たない末期癌の患者の話だった。
ドラマの中では(おそらく)数日で亡くなっていた。
13日の『情熱大陸』では、骨髄バンクを設立した大谷貴子さんを取り上げていた。
その中で、白血病を患い、移植を受けたもののその後再発(?)したある女性を、大谷さんがお見舞いに行く場面があった。
そして、お見舞いに行った10日後にその女性は亡くなったとナレーションが入った。
ベッドに起き上がって笑顔でおしゃべりしていた人が。
その少し前には、家族でカラオケに行っていた人が。

癌で死んだ人は化けて出ないんだと、どこかで読んだ。
死を意識してから、別れを覚悟するための時間が与えられるから。

もし、私が再発し全身に転移したなんてことを、ここで書く日が来たら、ご面倒でしょうが会いに来てくださいな。
元気そうでも、もしかしたら10日後には死んでしまうかも知れないので。
「じゃあ、また」って別れても、「また」はないかも知れないので。
縁起でもない話だけど、まあ、現実としてそういうこともあり得ます。
「万が一、そうなったら」ってことで、よろしくお願いします。
そうしたら、たぶん、皆さんの枕元に「うらめしや~」と立つことはないだろうと思われます。

えっと、話を戻しますが、血液検査の結果、白血球値は4000。
少しずつ下がっているけど、3000が合格ラインなのでクリア。
タキソール3回目決行。

やっぱり、この薬は利尿作用があるようだ。
点滴前にトイレに行って、点滴中にも1回トイレに行って、終わった途端にまたトイレ。
これじゃあ、脱水症状にもなるよね。

今日は飲み薬が出ないので、2万を切って19,220円。
これを安いと思うようになってしまった…orz

結局本日も5時間コース。
やれやれ。

本屋で話題のベストセラー『頭が良い人、悪い人の話し方』(樋口裕一)を買って、昼ご飯を食べに。
「バカに見える話し方」いろいろを読みながら、「あー、いるいるこういう人」とか思う。
たぶん、これ読んだ人全部が、具体的な誰かの顔を思い浮かべているんだろうな。
私も、そう(笑)

傷病手当や高額療養費給付金のおかげで、現在多少お財布が潤っているのだけど、それもあっと言う間に消えてゆく運命なので、あれこれお買い物というわけにはいかない。
それでも、とりあえず目の保養にいろいろ見て歩く。
私は、洋服にはあまりこだわらないのだけど、バッグとか靴とか帽子(これは今の必需品だ)とか時計とかの小物が好き。
見れば欲しくなっちゃうんだけど、我慢我慢。

その内、恒例職場襲撃の頃合いとなったので、面接会場のカフェへ。
3月になって忙しくなってきたらしく、なかなか休憩も取れないみたい。
その分、私は待つことになるのだけど、でも、週に一度、ここでの時間は、私の大事な元気の素なので待つことは苦にならない。

トップバッターはM氏。
M氏はこのblogを読んでいるので、テーブルの上のVisor Edgeを目ざとく見つけて「これですね」と(笑)
彼には興味の欠片もないであろうVisor Edgeを「かっこいいでしょ~」と自慢。
職場襲撃も結構な回数を重ねてきたけど、M氏は最多登板。
いつもパワーをありがとうござるるるるる~♪

お次はY女史。
例によって、彼女は自分のことを語りたい人なので、朝何時に起きて、遅刻しそうだからお弁当も作れずタクシーで来た、とまくしたててくれる。
私も負けずに「私はね~、朝6時に起きて30分くらいぼーっとして、歯を磨いて顔洗って、そうそう、髪がないから朝シャンしなくてよくて楽になったわ~」と話しはじめたんだけど、そこで打ち切られてしまった。
結局、彼女は「今日帰りに化粧水買って帰るんだ~」ってとこまで、「Y女史の一日」を語り上げてしまわれました。
完敗!残念!(笑)

ラストはTパパ。
人生相談っぽい話。
私との話の中で、ちょっと道が見えてきたと言ってくれました。
何かのお役に立てたのなら幸いです。

待ち時間も入れて、こちらも4時間コース。
でも、病院で費やす時間に比べ、なんと楽しく充実したひとときでありましょう。

すっかり日も暮れた頃、帰路につく。
ママンに赤ワインのお土産を買って。

復活!Visor Edge 

私が最もそのルックスを愛したPDAがVisor Edge。
赤くて薄くてメタリックで…。
リナザウ購入とともに、惜しまれつつ一線を退いていたVisor Edgeを、本日復活させました。

20050312-visor01.jpg 20050312-visor02.jpg
 
第一の理由は、とにかく、「これを持ちたい!」という押さえきれない衝動。
カッコ良いんだもの。

携帯の進化によって、日常遣いのPDAが無理にインターネットに繋がっていなければならない必然性がなくなってきてる。
もちろん、数日、旅行に行くとか入院するとか、PCを持ち出すには大げさだけど、という場面ではリナザウなりシグマリなりが、どうしても必要になるでしょうけど。

今現在、本当に必要なものは、バスの時刻表(TrainTime)のみ、と言っても過言ではない。
あとは、通院日ていどを記入しておくスケジュール表(予定表+)と、暇つぶしの読み物(PooK)があれば間に合ってしまう。
現実に外で使う為の必須項目って、こんなもんだ。

まずは、iBookにPalmDesktop(同期ソフト)をインストール。
Visor EdgeをiBookに繋げば、するするとデータはVisor EdgeからiBookへ運ばれて行く。
旧くなった時刻表のファイルを、リナザウに入れている最新のものに書き換える。
これで、最低限の環境は整ってしまった。

前に買っておいた新しいカバーに付け替えると、気分もリニューアル。
買ったばかりの頃に、カバーに付けてしまった傷が気になっていたのだけど、これでよし!

なんだかんだ言って、こいつがBest PDAかなぁ。
『Handspring』も『Palm OS 日本語版』も既にない。
(CLIEが撤退したからね)

発売当時は4万くらいしたんだよね、このモノクロマシンが。
それが、約半額(19,800円)になったところで買ったわけだけど、使用年数と箇体の満足度と搭載機能を考えると、元は取ったと思う。

やっぱ、心底好きになれることが、一番大事だね。

20050312_visor03.jpg

(ブルーの画面が『予定表+』。Visorにはこれがデフォルトで入っている。2週間表示が私に取ってのキモ)

確定申告 

完了!

2年ぶり(?)に行ったら、最近は税理士さんが検算とかしてくれないんだ。
自分で作った書類を提出して終わり。
何かあったら、税務署から連絡がくるんだって。

聞いた話だと、『基礎控除』を記入するのを忘れて提出したら、そのまま受理されてしまって、必要以上の税金を払うハメになった人がいるという。
をいをい。
酷い話じゃないか。

当然受けられる控除まで見て見ぬ振りかよ。
私なんか、懸賞で当たった10万円申告し忘れてたら、追加徴集されたぞ。
どこで調べてきたのか知らないけど。

お役所って、不親切だよね~。

抗癌剤-6回目- 

タキソール2クール目。

検査のシステムが変わって待ち時間が短く改善された模様。
とても助かる。

血液検査の結果、白血球は先週とほぼ同じ4200。
3000を超えていれば合格点なので、本日も点滴決行。
ただ、少し貧血気味とのこと。

この私が貧血といわれるとはっ!
そういえば、今日は朝からぼーっとしていて、番号を呼ばれたのに聞き逃していたりしたわ。
これって、貧血のせい?
ああ、憧れの貧血!(笑)
(か弱そうな女に憧れているらしい)

この間の嘔吐と下痢のことを話したら、投与から5日目で嘔吐というのはあまり聞かないと言われ、
「何か変わった物食べませんでした?」
わはは。
ドクター、直球だなあ。

たぶん、消化不良ってとこでしょうということで、「とりあえず吐き気止めをもらっとくと安心します」と言って、薬を出してもらうようお願いした。

点滴も待ち時間なし。
今日はとってもスムーズに進行。
ルート確保は5分くらいかかったけど、一発で成功。
投与中には、うとうとしてしまうくらい余裕があった。

眠ってしまいたいんだけど、本気で寝ると後でコンタクトレンズが張り付いて酷い目にあう。
まあ、ちょっと寝そうになると、となりのベッドのおじさんの「んごごごご…」といういびきで起こされるので丁度よかった。

時間は、前回より1時間以上短縮。
お支払いの方は、22,300円。
もう驚かないけど、使った医療費合計したら、「アレもコレも買えたなあ」と思う確定申告シーズン。

軽く昼ご飯を食べてショッピング。
携帯のストラップを買う。
おめかし京ぽんでつかったネイルシールの余りで、W21Sも可愛くしちゃっているのだけど、それにぴったりのストラップをみつけたのだ。

 20050309-flower.jpg
『白黒のお花のモチーフが良いお揃感でしょ?』

それから某所で確定申告用の書類をプリントアウトしてもらう。
とても助かるわあ。
でも、パソコン4台持っててプリンタが1台もないっていうのもいかがなものかと思うので、その内「萌え」な物を見つけたら買うことにしよう。

火曜日恒例職場襲撃を済ませ、ユニクロで部屋着を幾つか買う。
仕事してる時は、部屋着=ほぼパジャマで済んでたけど、ほとんど家に居るような今の状況だと、一日中パジャマってわけにもいかないもんね。
暖かくなってきたので、春らしいピンクとかブルーとかで着心地の良さそうなコットン素材のもの。
1枚1,000円平均で買えるんだもんな。
ユニクロ大好き!

予定通り点滴も出来たし、楽しいおしゃべりと納得の買い物も出来て、ほんわかと気分の良い一日でした。

タキソール1回目の経過 

<覚え書き>

・投与中~当日
トイレが近くなる。
手先足先がじんじん痺れる(トイレが近くなることによる脱水症状?)。

・3日目~5日目
肩、腕、背中、ふくらはぎ辺りに軽く筋肉痛。
吐き気、嘔吐、下痢、微熱。

・6日目以降
不快な症状は全て消える。
嘔吐が治まって食欲も戻る。←むしろ戻らない方が…(^^;

・身体の変化
頭髪はうっすら生えかけ(2mmくらい)。
両手親指の爪の付け根が黒ずんでいる。 

-----

明日は2回目。
頑張ってくるっす!

お腹がへったよ~♪ 

(↑『おどるポンポコリン』風に)

吐き気が治まって、夜8時くらい、お腹が空いてたまらなくなったので、お粥と梅干しを少々食べた。
ら、また、吐き気リターンズ!

結局、食べた分全部リバース。
落ち着いたところで、吐き気止めを飲む。
この調子だと、お腹空いても、当分ご飯は無理ぽ。

あとは、手足の先が冷たく首筋がゾクゾクする。
熱は、37度前後をウロウロ。
微熱よりちょっと高め、くらい。

お腹空いたなぁ。
プリン食べたい…。
もうコンビニに行ける時間じゃないな。
お腹空いた…。

ヤバいよヤバいよっ! 

(↑言うまでもなく出川風に)

吐いちゃいました。
下痢もしてます。
熱もあるみたい。

昨日あたりから、変な筋肉痛みたいな感覚があったのだけど、今日、昼から寒気がしてムカムカして、我慢してる方がしんどかったので、自分で指突っ込んでげろろ~ん。

副作用?
風邪?
腹くだし?

とりあえず、吐き気と下痢はおさまった。
スポーツドリンク飲んで静かにしてます。

ドラマ-8- 

「87%」8回目。

今回は、確定申告の書類とか作りながらだったので、あんまり集中して観てないんだな。

主人公はようやく髪が抜け始めたようです。
髪が抜けるって、やっぱ衝撃的ですよ。

私は、本格的に抜け始めた時、もう、一気に片付けてしまおうと、洗面所に新聞紙を準備して、お風呂でシャンプーのすすぎの時、ざくざく梳いていきました。
ほんと、際限なく抜けていくんですよ。
全部抜けきるまでやろうと思ったのだけど、腕やら肩やらが疲れてしまったので終了。
抜けた髪の毛は風呂場の隅に山盛り。
それを用意した新聞紙に包んでゴミ箱へ。

もし、その時のゴミ袋をカラスかなんかに荒らされたら、中から膨大な毛髪が!
これは、猟奇殺人事件か!?みたいな(笑)

抜けた髪の毛を見て泣いたりとかは全然しなかったけど、逆に能面のように無表情だった気がする。
ただ、機械的に淡々と自分の髪の毛を始末する様は、それはそれで、やはり哀しい光景だったかもしれないですね。

ところで、この主人公、ヅラ生活になっても、まだ息子に隠し通している。
いや、バレるでしょう?
寝てるときもヅラ?
いやー、無理無理。
その内、息子が母親の病気をどう受け止めるかっていう話も出てくるのでしょうね。

元上司のけんけんのプロポーズも唐突だったねぇ。
いいお話じゃありませんか。
お受けしたらいかがでしょう?
何かと面倒な黒木先生より良いと思うのですが。
やっぱり、男前の方がいいのでしょうか?

再発女子高生、死んでしまいましたね。
彼女の死は、今後の展開に何か大きく関わってくるのかしら?
ただ主人公にショックを与えるためだけに殺されたとしたら、ちょっと許せないですね。

電話で知らせを受けた時、傍にいた杉田さんが下手な慰め方をしてたけど、実際難しいよね。
どう言ってあげたらいいか分からない。
何をしてあげたらいいのか分からない。

本当はね、どんな言葉でもいいの。
気持ちが伝わってくれば、どんな下手な言葉でもきちんと慰められる。
でも、もし、出来るなら、ぎゅって抱きしめてもらえるかな?
ぎゅって抱きしめて、背中をぽんぽんって叩いてもらえたら、それでずいぶん元気になれると思うんだ。

なんてね~(〃▽〃)

相川七瀬が笑わせてくれる。
「死ぬよ」
「私に関わると死ぬよ」
はぁ~?
なんだ?
その「なりきり台詞」。

彼女がチクって、医療ミスの件が明るみになるようです。
ほらね。
なんだか、いろんな事が詰め込まれすぎて、何を観ればいいか分からなくなってきてる。

乳癌、どこ行ったの?
「87%」という数字は、このドラマに必要なの?
で、残りあと何回?

いつもイライラさせられるんだけどさぁ 

ガンダム世代の奴らって、自分の言葉が万民に通じると思っていやがる。
「赤」と付けば「シャア」で「3倍速い」はまあ、許そう。
(が、正直飽きたしウザイ)

けど、「百式」って何?
「ももしき」?
「モモヒキ」の親類?

わっかんねーよっ!
だから調べたよっ!

「金」って言えよ!
文字数だって、「金」の方が少ないじゃねーかよっ!

アタシだって、本当は「ライブ」を「ミサ」と言いたいし、「アルバム」を「大教典」って言いたいし、「ファン」を「信者」と言いたいよ。
なのに、そう言うと皆「なにそれー」なんつってゲラゲラ笑うじゃねーか。

けっ!
一度笑われてみやがれ、ガンダム世代。


嗚呼、………勝ち組になりたひ

抗癌剤-5回目- 

今日から薬が変わる。
タキソールという、比較的新しい薬らしい。
「タキソール 副作用」でぐぐってみたら、一番上に…

「抗がん剤「タキソール」で副作用、6人死亡 」

キャーーーーーーーーー!!
いきなり鬱なんですけど…orz

まったくもう、縁起でもないわ。
とか何とか言いつつ、本日も病院通い。

まず、最初に採血。
今日は検査項目の多い日なので、結果が出るまでの時間、院外に出て朝御飯を食べる。
戻ってきてさらに40分ほど待って、10時45分くらいに診察室へ。

白血球の値は4600。
最初の頃に比べたら下がってるけど、それでも先週の2300からはきちんと上昇。
抗癌剤おっけーっす!

薬が変わることで、支持療法も変わる。
これまで、抗癌剤投薬後に飲んでいた薬は全部なくなって、点滴前に以下の薬を服用することに。

・ベナ錠 5錠(副作用全般を抑える薬)
・カイトリル 1包(吐き気止め)
・ガスターD 1錠(胃酸を抑える。胃薬)

これを見ただけでも、今までより副作用が穏やかなのだと安心する。
今まで、点滴後5日分の内服薬を出されてたんだから。
今度は、これを点滴前に飲んでおけば、概ねOK!ってことね。

もちろん、支持療法で防ぎきれない副作用もある。
例えば、脱毛。
これは、今まで以上に強く出る。
睫毛も眉毛もなくなっちゃうらしい。
どんどん面白い顔になっていくよ…。
あーはっはっはっは…
はっはっはっ…

( ̄□ ̄;) はっ…

うわ~~~んヽ(`Д´)ノ

ま、泣いてても仕方ないんで、この際メイクのテクニックを磨きますよ。
アイブロウにアイライン、上手に描けるよう努力しまつ。
そんで、オシャレなサングラスとかかけちゃいます。
オシャレなヅラにオシャレな帽子にオシャレなサングラスで、オシャレさんを目指しますっ!(たぶん)

で、点滴室に移動。
待ち時間なしで出来るらしい。
ラッキー♪

が、やはりルート取れず、人柄は素敵だがルート確保のあまり上手くない(←控えめな言い方)肝っ玉母さん、蒸しタオルで温め、1度失敗し、2回目で何とか成功。
まず、前投薬のデカドロン(副腎皮質ホルモン=ステロイド。アレルギーや副作用を抑える)を入れる。

薬が変わって初めての点滴なので、ゆっくり入れるとのこと。
通常なら、デカドロン30分、タキソール1時間で、1時間半で終わるところ、今日は2時間くらいかける。

タキソールは、入れてる時の嫌悪感とかはまったくない。
唯一あるとすれば、トイレが近くなる。
精神的なものからくる瀕尿だと、トイレに行っても出ないけど、これはちゃんと尿がじゃぶじゃぶと(笑)出るので、やっぱ利尿作用がある気がする。
もしかしたら、体調にもよるかも知れないので次回も様子を見てみよう。

点滴の2時間は退屈で退屈で。
抗癌剤前夜は、いつも緊張のためかあまり寝付けなくて、今日も寝不足だったので寝れるかと思ったんだけど、やっぱ、無理。
でも、ガーガー、イビキかいて寝てるおじさんもいるんだよね。
うらやますぃ。

おかげさまで、何ごともなくタキソールの投与は終了。
また来週!
げっ、また来週もか…。
いや、だって、これ↓見てよ

20050301_kekkann.jpg
『携帯のフォト編集機能で遊んでみたかった』

可哀想な血管達。
真っ青だよ。

病院を出たのが、13時半くらい。
本日は5時間コースでございました。
気になるお会計は、23,550円。
「前より、安いじゃん!」
「でも、毎週じゃん!」
「………(T-T)」

その後は、ふらふら辺りの店を探索した後、職場襲撃用のカフェでスタンバる。
保険の給付金申請書など眺めてみる。
が、書く気にはなかなかなれず。
なんか、面倒臭い…、ってそんなこと言ってる場合ですかっ!

そんな時、隣の席に座ろうとする女子をふと見ると!
「飲み屋の前でぶっ倒れて、寝ゲロを吐いた」元同僚ではないかっ!
いやー、すげー偶然だい。
びっくりだい。

彼女はPDAや携帯などのデジモノ好きな数少ない女子で、私にとっては貴重な存在である。
リアルでは唯一と言っても過言ではない。
で、しばし、最近の携帯事情等を話したり。

その内、職場の皆さんたちが、入れ替わりで来てくれて(こちらは偶然ではなくて、召集した)楽しいトーク。
すっげー楽しかったよ。

この一週間、母が風邪で寝込んでいて、私は今、非常に感染症に弱い状態のため、母から「近付くな!」と威嚇されていた。
家の中で、母と話せないと、私は誰とも話せない。
我が家は、母ひとり子ひとり…、父ひとり弟ひとりだが、男性陣とは会話のない壊れかけの家庭(笑)
だから、本当、久しぶりの他人との会話だったんだよ~。

でも、そのプチ引きこもり状態の時期、タイミング良く月ちゃんとこでチャット大会をやってくれてたので、かろうじて(ネット上とはいえ)他人との関わりを持つことが出来た。
感謝してるです。

そんな感じで、今日はご機嫌で帰宅。
今は、多少手先足先に、じんじんとしたしびれを感じる。
けど、これは、脱水症状とか栄養不足とかの時にも現れる症状なので、副作用とは別物かもしれない。
まあ、概ね問題なし。

明日以降も、経過観察です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。