FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年 

この一年、ひたすら「治療」「治療」の日々だった。
副作用は軽かったけれど、それでも、辛かった。
私は弱虫だから、辛かった。

どんどん自分の身体が汚くなっていった。
手足のしびれは、プルトップを開けられなくなり、階段をまともに降りられなくなった。
もう、カツラなんか大嫌いになった。

だけど、おかげで私の身体の中から、いったん癌は消えた。
私が闘っていたのは抗癌剤じゃない。
確かに、『癌』だったんだ。

そして、夢だと思っていたことが叶った。
「死ぬまでにもう一度、聖飢魔IIが見たい」
それが、叶った。

大きなご褒美をもらった。
それだけで、私にとって素晴らしい一年だったと言える。

支えてくれた友人たち。
本当にありがとう。
あなた達の存在なしに、今の私はあり得ません。

この一年、本当にお世話になりました。
また来年、笑顔で終えることが出来ますように。

スポンサーサイト

終わった…。 

ゾッドが出た!
チーターも出た!
そう、エルドラ前のMCの、あの台詞にあわせて登場。
フルコーラス歌われました。

そして燃え尽きた。
真っ白に…。

今、私は最高に幸せです。

着いた! 

東京国際フォーラム。
さあ!いよいよだ!


P475057_051226_1803~01

明日も来るのに 

今日も来てしまった(⌒ー⌒;)



P276277_051226_1623~01

富士山! 

ちょっと霞んでたけどちゃんと見えた。
富士山大好きっす。


P26912_051225_1443~01

彦根あたり 

なんか、この辺すごい雪。


P6576_051225_1326~01

新幹線大好き! 

ちなみに乗ったのはこれではなくて、500系のぞみ。
すげぇ、強そうな顔したヤツです。


P978087_051225_1127~01

おどろきぃ~。 

久しぶりに新幹線乗り場に来てみたら、自動改札になってたよ!
軽くビビる田舎もの(^_^;)

広島なので 

ロードスターが展示してある。


P984532_051225_1047~01

帰ってきたよ 

興奮覚めやらずで、こんな時間(朝5時)まで起きてるよ。

とりあえず、長かった。
本編だけで2時間あった。
アンコール入れると3時間半。

それでなくても、体力や筋力が衰えているところ。
足痛い。腕痛い。首痛い。
でも、でも、そんなこと吹っ飛ぶくらい楽しかった。

ステージに彼らがいて、客席に自分がいて。
その空間が、あまりにも自然で。
6年ぶりだなんて嘘みたいだった。

ミサレポ,書きたいと思うんだけど、閣下からネタバレについての指令が出ているようなので、それが解禁されるまでは公開出来ませんねん。
コツコツ下書きをしていきます。

会場着いた! 

買い物した!
6時開場。もうすぐだ。
ドキドキ。


P92872_051219_1742~01

悪魔来広! 

お友達のお友達情報によると、昨日のお昼過ぎに、大阪から新幹線に乗車された模様。
新幹線は遅れはしたものの、止まったとは聞いてないので、たぶん、無事到着されたのであろう。

さ、あとは私が無事会場に参じるのみ!
行くぞー!

やべぇ~。 

大寒波ですよ! 大雪ですよ!
大丈夫なの? 悪魔の皆さんは来れるの?
明日は晴れる?

よりによって、こんな時に「この冬一番の大寒波」にならなくても…orz
皆で祈って!
明日までに雪が溶けますように!


P807982_051218_0952~01

すげぇ 

普通の民家ですよ。
お散歩の楽しみが出来て嬉しい♪


P954649_051211_1742~01

術後一周年検診の結果 

おかげさまで、異常なしです。
血液(腫瘍マーカー)、マンモ、CT、骨シンチ、エコー。
全てクリアっす。

正直、先日検査してから結果が出るまで、なんつーか、悶々としていたというか苛ついていたというか、ちょっと精神的にヤバい感じでしたよ。
治療が終わってわずか数ヶ月。
こんな時期に、再発です、転移です、また抗癌剤です、なんて言われたら、さすがに辛いじゃないですか。

まだ、髪だって伸びてないのに。
まだ、仕事を再開してもいないのに。
そして、再発・転移ってことは、これからずっと死ぬまで、その治療を受け続けなくちゃいけないって宣告なわけで。

ま、とにかく、何事もなく一安心。
とりあえず、今、私の体の中には癌はないのだ!
これで、心おきなく東京にも行けますぜ。


骨シンチのフィルムを見せてもらった。
初めて自分の「骸骨」を見ましたよ。
笑っちゃうくらい、理科室にあった骨格標本通り。
みんな見たことある?
自分の「骸骨」。
なかなか貴重な経験でした。

エコー検査を受けながら、しこりを見つけて初めて病院を訪れた時のことを思い出した。
ここで横になってる時に、ずいぶん軽い感じで「たぶん悪性」「悪性って言うのは癌」って言われたんだったよなぁ。
すごく簡単そうにドクターがそう言うから。「え?」って驚いたように聞き返すと、「そんなに怖がらなくても大丈夫」って言われたんだった。

確かに、その時私が思っていた「癌」という言葉のイメージと比べて、実際の状況は、それほど悲観的になる必要もなかったけど。
でも、「そうかぁ、やっぱりなぁ」って、ちょっと哀しくなったんだった。

次の検査は来年3月上旬。
それまで、「健康(仮)」ってわけですね♪


長い待ち時間の疲労と、異常なしの結果に安心して気が抜けたのとで、帰宅してから爆睡こいちゃった(笑)
私って、意外と小心者だったのだわ、おほほ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。