スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おっさん、うざいよ 

会社の喫煙室でiPod touchをいじってたら、おっさんが話しかけてきたんですよ。

「iPod touch?」

はあ。
とか適当に返事をしたら、自分もiPod touchを取り出して、
「これ、変わってるでしょ?」
と、MacのDoc風になってるホーム画面を見せて自慢げ。

「そういうアプリがあるんですかぁ」
さほど興味なげに聞くと、
「脱獄」
自慢度120%。

「そういうのやるガッツ、もうないですねぇ」
と答えると、
「いやぁ、ひどい目にあったよ」
と脱獄での苦労話を始めようとするので、早々に退散。

その後も、喫煙室で会う度に、「ジャズとか聴く?」とか「ビートルズ好き?」とか。
いや、もう、自分の好きな曲は自分で入手するし、iPod touchの面白い使い方とかレクチャーしてくれなくても結構だし。
仕事の合間の、楽しい読書タイムなんだから邪魔しないで欲しいのですが。
そして、ワタクシ、ここしばらくは現役を離れておりましたが、10年来のPDA使いですから。

親切で言ってくれてるんだろうけど、相手間違ってるよね。
私の正体も知らずに、「教えてあげる」的態度のおっさんがちょっと可哀想にも思えましたが、ぶっちゃけ、おっさん、うざいよ。

スポンサーサイト

iPod touch 

iPhoneが発売された時、ちょっと逝きそうだったんです。
このブログの移行作業してると、いかに自分がAppleのPDA、Appleの携帯を夢見ていたかを痛感するわけですが、まさしく、その夢が叶ってしまったのですから。

けど、どう考えても、softbankに2年間で20万ものお金を払う気になれない。
そこで、にわかに浮上して来たのがiPod touch。

Apple iPod touch 8GB MA623J/AApple iPod touch 8GB MA623J/A
(2007/09/25)
不明

商品詳細を見る


時期的にまだ2Gは発売されてなかったので、買ったのは初代。

そこそこ聞くであろう曲と、エルの写真と、自宅での無線LAN。
あとは、AppStoreで、なんか見つかれば使ってみようか、くらいの気持ち。

脱獄とか、そういうの、もうダメですわ。
安全に、簡単に、安価で利用出来るものがあるなら、それを使おうよ、という根性なしに成り下がりました。
ええ、ええ、3phsを配布していたサイトの管理人とは思えない台詞ですとも。
というか、当時のPDA業界では、そんな危ない橋を渡らなければ、高価なおもちゃもタダの箱でしかなかったんですよ。

『時代は変わりましたな。』

縁側で渋茶をすすりながら、遠い目をしてそんなコトも言ってみるわけですよ。
なあ、爺さんや、婆さんや。

で、現在どういう風に使っているかと言いますと、


【音楽プレーヤー】
実にまっとうに。
星三つ以上の曲をぶち込んで,通勤時のバスの中で聞く。


【フォトアルバム】
いつでもどこでもウチの子自慢。

IMG_0008_convert_20081027235646.png


【自宅で無線LAN】
パソコン立ち上げるほどでもないWEB閲覧に。
ただし、メールは全く使ってない。
最近、ほぼ9割が迷惑メールなんだ。


【公衆無線LAN】
iPhoneは諦めたものの、少しはお外でもネット環境が欲しい、ということで、自分の行動エリアとコストを検討したところ、意外なものに行き当たった。

ドコモ公衆無線LAN

知らんかったですよ、これ。
FOMAの利用者なら、月々800円で使えるのね。
moperaの利用料込みなので、他にISP契約しなくていいし。
最近は、そんなにネット環境に飢えていないので、これくらいでいいです。


【読書】
AppStoreで電子書籍を買うも良し。
私が使ってるのは、STANZA
(iPod touchとiPhone用はApp Storeで無料配布されている)
※バージョンアップされて、メニューが日本語になってる!(2008/10/28)

IMG_0007_convert_20081028000121.png

以前から、素人さんがネットで公開してる小説を結構読んでいて、それらを持ち出して読めたらいいなあ、と。
そのために公衆無線LANにも食指を伸ばしたところもあるんだけど、それよりSTANZAで読む方がずっと快適です。
そのためには、ちょっとした手間は必要なのですが。

1.読みたい文章をテキストエディタにコピペしていく。

2..txtで保存したものをSTANZAで開く。

3.STANZAでXHTMLに書き出す。

4.XHTMLで保存したものを、もう一度テキストエディタで開きタグ(タイトル、作者名)を埋め込む。
 (3,4は、もっと高機能なテキストエディタなら、一発で出来るのかも)
※試しにiTextでやってみたら、2.3.4が一発OKであった。早く気付け、自分。(2008/10/28)

5.タグを埋め込んだら、もう一度STANZAで開き、EnableSharingに設定する。

6.iPod touchのSTANZAを立ち上げ、iBookに接続した状態でShared Books->Books on localhostでiBookのSTANZAからファイルを取り込む。

IMG_0009_convert_20081028000347.png
       
IMG_0010_convert_20081028000239.png
       
IMG_0011_convert_20081028000304.png
       
IMG_0006_convert_20081028000151.png
(覗き見防止のため、文字色をグレーに設定したりも出来る。エラい!)


と、文章にするとエラい面倒くさそうだけど、実際やってみると案外簡単。
こういう作業を簡単と言ってしまうのは、決して普通ではないのだということを、最近はひしひしと感じておりますが。
とりあえず、今はこれが私にとってのキラーソフト。

結構,楽しんでます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。