スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Shazam/TuneWiki 

Shazamは超メジャーなアプリです。
周りのシロートさんにiPhoneをプレゼンする時の必須アイテムのような。

けど、意外と日常生活で使う?と思っていましたが、今回、持ってて良かった!な経験をしましたですよ。

ワタクシ、とあるデパートのトイレに入っておりました。
個室の中で、いざ!(何が)な時、BGMで流れていた曲に聞き覚えが。
なんだっけ、これ。
昔、すごく聞いた気がするぞ。

そこで、登場ですよ、Shazam

ボタン操作が1回で、あとは画面をタップして進んで行くというiPhoneの操作性がいかに効率的かということを実感します。
モタモタしてたらその曲終わっちゃうんだから。

無事立ち上げ「Tag」をタッチして、読み取り開始。

IMG_0117.png


分析の結果がこのように表示されます。

IMG_0113.png


この画面から、すぐにiTunesへ飛べて、プレビューを聴けて、気に入ればそのまま購入も出来る。
これが何のストレスもなく、一つの流れで済むことの素晴らしさ!
どこでもネットに繋がるiPhoneのメリットですな。
touchはここが惜しいとこなのだ。

で、この曲ですが、昔コーヒーかなにかのCMに使われていた「Tom's Diner」と判明。
テレビで流れていたので、確かに聞き覚えはあったものの、曲名やアーティストについては知らなかったので、今回アルバムを購入してみました。
声が好きかなぁ。

で、普通にiPodで聴いても良いのだけど、TuneWikiで聴くと、歌詞が表示されたりして便利かも。
かつ歌詞表示を日本語にセットすると、かなりめちゃくちゃな訳詞になるので、ある意味楽しめる。

IMG_0112.png


Shazamでは、検索結果からYouTubeにも飛べて、動画で観ることも出来る。


IMG_0118.png

でまた、iPhoneのYouTubeからメールでPCへ動画のアドレスを送れるので、自宅でゆっくり観ようという時も便利。

こう、文字で説明すると煩雑な作業に思えるけど、実際は、ホントあっけないほど簡単な事なんだよね。
もちろん、アプリを探して入手してる事が前提だけど。

あらためて「やるな、iPhone!」と思ったのでした。

スポンサーサイト

SnowBell 

20090816235320
雪の結晶がはじけて、オルゴールのような音が鳴ります。
タップで結晶をはじく事も出来るし、自然にはじける音を楽しむというの
もアリ。

夜、灯りを落した中で聴いてると癒されます。

CaMeMo 

20090816214802
お絵描きアプリ。
写真に描き込んだり、簡単な絵が描ける。
お絵描きはあまり得意分野ではないが、時々遊んでます。

アプリ内から直接メールで送信可能。
なので → iPhoneから送信

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。