スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またね、富士丸。 

はっきりとした時期は思い出せないが、私が富士丸と出会ったのは、おそらく、治療の為に1年半以上家でゴロゴロしていた頃だったと思う。
出会った、といっても、インターネット上。
飼い主の穴澤さんのブログの中で。

富士丸の魅力というより、穴澤さんの文章が好きだった。
その頃の私には、穴澤さんが「疑いの目」と表現している富士丸の表情を読み取ることが出来なかった。
どれも同じ犬の顔だった。

その後、私は犬を飼った。
そうすると、今まで、同じ犬の顔としか見えなかった富士丸の表情を読み取ることが出来るようになった。

疑いの目。
期待に満ちた目。
嬉しそうに走り回る姿。
好きな人に甘える様子。

何より、父ちゃんこと穴澤さんへ向ける、信頼にあふれた目。

いつの間にか、富士丸は、「私のよく知る友人の犬」という存在になっていた。
実際に会った事もないのに。

去年の10月のある日。
会社のパソコンでいつものように富士丸のブログをチェックした。
しばらく更新されていないことが気になっていた。

そこが会社であったから、私は理性を保っていられた。
でも、仕事をしながらも、頭の中は繰り返し同じ言葉が浮かんでは消えていた。

「嘘だ。富士丸が死んだなんて。」

その日、仕事で遅くなり、深夜とも言える時間、家までの道を歩いていた時、突然嗚咽とともに涙があふれて止まらなくなった。
行き交う人は誰もいなかった。
人気のない夜道で、声をあげて泣いた。

辛かった。
会った事もない他人の飼っていた犬が死んだ。
それだけのことなのに。
辛かった。

「最期の時に、何故側にいてやれなかったのだろう。」

おそらく、そう悔いているはずの穴澤さんの想いが辛く哀しかった。

いつか別れの日は来る。
覚悟はしている。
ならばせめて、自分の腕の中で逝かせてやりたい。

それが、自分より先に死ぬとわかっている生き物を愛した者の願いだ。

その瞬間、何が起こったのかは想像するしかない。
けれど、きっと富士丸は、「父ちゃん」と呼んだに違いない。

「父ちゃん、助けて」なのか。
「父ちゃん、どこ?」なのか。
「父ちゃん、さよなら」なのか。
「父ちゃん、ありがとう」なのか。

何故、自分にその声は聞こえなかったのだろう。
富士丸の為なら、なんだってしてやると思っていた自分に。

穴澤さんの想い、まるでそのもののように、私は考えた。

家に帰ると、既にサークルの中に入れられていたエルが、私の帰宅した気配を察して暴れていた。

着替えもそこそこに、エルをサークルから出して抱きしめた。
エルの姿、色、毛の柔らかさ、臭い、声、あたたかさ。
全部を感じようと、しばらく抱きしめていた。


あれから一年。
時折、ふと、富士丸のことを考えることがある。

「最期に、キミは何を思ったの?」

いつもそう問いかける。
答えはもらえないけれど。


今日、富士丸の本を買った。
今まで断片的にしか語られていなかった、富士丸の死の直後、穴澤さんが何を思いどんな状況だったかを綴った本だ。

家に買って袋から本を取り出し、帯を読んだだけで泣いてしまう。
1ページ目から、ずっと涙が止まらない。
そして、「これが富士丸が最期に思った事だ」と確信できる場面で、そこから先を読めなくなった。

富士丸は、部屋のちゃぶ台にふらつきながらぶつかり、大きな体でちゃぶ台をひっくり返し、そして、いつも穴澤さんが仕事をしているデスクの足元に横たわって息絶えていたという。

そうだね。
富士丸。
最期は父ちゃんのところへ向かったんだね。
そこにいつも父ちゃんがいるから。
そこまで頑張って歩いて。
父ちゃんの足元に寄り添う夢を見ながら逝ったんだね。


私にも、いつか、その日はやってくる。
10年先かも知れないし、明日かも知れない。
もしかしたら、今、この瞬間かもしれない。

これから、そっとエルの眠る部屋へ行って、寝息を聞いてくるとしよう。
いや、私の足音で、きっと彼は目を覚ましてしまうのだろうけど。




またね、富士丸。またね、富士丸。
(2010/10/21)
穴澤賢

商品詳細を見る

スポンサーサイト

週末手芸部 

一週間ぶりに手しごと。
休みじゃないと出来ないんだもん。

デザインはほぼ同じで石の色をブルー系にしたグラスコード。
会社の人に頼まれて作りました。
ブルーの石に合わせてチェーンはシルバー。



ブルーは、自分では普段あまり選ばない色なので、色合わせとか難しい。
ちょっと夏っぽすぎたかも。

例によって余った石でブレスレット。

DSC_0303.jpg

1つの9ピンに石を3つ並べるとかいう技を使ってみた。
いや、技ってほどじゃないけど。
応用ね。

次が、母へプレゼントしようと思って作ったグラスコード。
これも、デザインはほぼ同じで、石の色をシックにしてみた。
小さな黒い石が利いてて結構気に入っている。

DSC_0311.jpg

で、こっちも余った石でブレスレット。

DSC_0293.jpg

前に作ったピンク系のやつは、それなりに可愛くて好きなんだけど、今度は石を減らしてシンプルに。
日常使い出来そうで良いんじゃなーい?

画像はクリックすると拡大しますが、そうすると粗が目立って恥ずかしいので、出来ればクリックしない方向で。

最近はまっているもの 

今まで、間違っても自分はこれだけは手を出さないだろう、と思っていたものにうっかり手を出したら、思いのほかはまってしまった。

それは何かと尋ねたら、べんべん。
『手しごと』
一般に手芸とか言われているものです。

子供の頃から、裁縫だの編み物だのに深く暗いコンプレックスがあったもので、服のボタンが取れたら捨てちゃえくらいの勢いで大嫌いだったんですけどねぇ。
針仕事は無理でも、ペンチとニッパーなら扱えるのではないか。
とか、ふと思っちまって。

とりあえず始めてみたのが、ニードルフェルティングというやつ。
羊毛をひたすら針でちくちくさくさく刺すのみ。
これならいくら私でも出来るだろう、と超初心者用のキットを買って来て作ってみました。

さあ、どうだ。
衝撃の処女作だ!

DSC_0239.jpg

ださっ!
でも、何とか形になっているではないかっ!

で、余った羊毛で少しだけ実用的なものを。

DSC_0291.jpg

手持ちのストラップにフェルトのボールを付けてみました。
あ、玉だけですよ。
ただ、玉をストラップに付けようとすると、9ピンとか丸カンとかが必要になりまして、そこで次に手を出したのがこれ。

DSC_0245.jpg

市販のアクセサリキット。
基本的なパーツの使い方を知ってしまえば、あとは応用でしょ。
道具も最低限。
平ヤットコと丸ヤットコとニッパーだけ揃えてね。

んで、ネットでレシピを探して、そこに書いてあるパーツを忠実に買いそろえて次の作品。

DSC_0253.jpg

グラスホルダーというのかしら?
サングラスして出かけた時、屋内に入ったら外すでしょ?
その時、ちょっと胸元にひっかけるの。
この辺で、もう、かなりハマってきてる。

揃えたパーツの余りで作った、初めてのオリジナル作品。

DSC_0267.jpg

最初に買った羊毛の余りでフェルト玉を作って、フェルト玉のグリーンに合わせた石を幾つか買って作ったロングネックレス。
ぶっちゃけ、すごく素敵!
自画自賛!

ただ残念なのは、グリーン系のアクセサリーが合う洋服を持っていないこと。
じゃあ、何故作ったのだと小一時間…。

そこで、今度こそ実用的なものを。

DSC_0289.jpg

グラスコードというの?
もともと近視の眼鏡をかけているワタクシですが、最近、寄る年並には勝てず、手元の細かい作業をする時には、眼鏡を外さないとよく見えなくなってしまいまして。
これはかなり便利に使っています。

更に、周りの評判もよく、「私にも作ってくれ」という発注を3件もいただきました。
このど素人に!
手芸歴2週間なのに!

素人の哀しさで、一つ作るのに3~4時間かかりますので、気長に待っていただくようにお願いしまして、頑張ってみようと思っています。

あ、おまけで、グラスコードと同じ石をつかってブレスレットも作りました。
可愛いです。
はい、自分で言います。
可愛いです。
2回言いました。すみません。

DSC_0236.jpg


おまけのおまけで、こういう写真を撮るために、簡易物撮りセットを手作りしました。
模造紙とトレーシングペーパーとフォトフレームを100均で買って、総額400円(税別)也。
あまり出番のなかったデジイチも、ここにきて大活躍です。

今の仕事が、かなり神経をいたぶられるものなので、家に帰ってもうまく頭を切り替えられない日々が続いていたのだけど、こういう手しごとをしている間、無心になれるのがすごく良いです。
そう言うと、職場の同じ内容の仕事に携わっている同僚達は皆一様に、「わかる!」と言います。

次の休みが楽しみだわ。
何作ろう。
まずは発注してもらったものからだね。

(画像があまりに暗かったので差し替えました。少しはマシかしら?)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。