スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癌患者にかける言葉。 

なかなか難しいよね。
特に、いきなり「私、癌なの」と告白されて、どう返したらいいものか。
迷うよね。
困るよね。
そういう想いを、何人かの人にはさせてしまったことを、心の隅で申し訳なく思っている。
だからこのBlogを書くようになってからは、「これ読んで」って言うことにしたんだ。

『癌』っていう言葉を、いきなり突き付けられたら、普通、戸惑う。
癌患者本人の私だって(というか、本人だからこそ?)、「癌かも」→「たぶん癌」→「やっぱ癌」という段階を踏んでいた頃には、ひどく悲観的になったりもした。

『癌』から連想するもの。
「イコール『死』」
「余命数カ月の宣告」
「抗癌剤の副作用による著しい衰弱」
「末期癌の激烈な痛み」

その一方で、「切ってしまえば治る」とも思っていた。
身近にそういう人を見ることがなかった私は、ドラマで描かれる世界が、知識のすべてだった。
大概のドラマでは、「癌発見」→「告知」(患者混乱)→「手術」→「成功」→「おめでとう」で、終わる。
もしくは、「癌発見」→「手おくれ」→「手術不可」→「死」。
現実には、手術の後にこそ、長い長い闘いが待っているのに、そこを描かれることは殆どない。

唯一それが描かれるのは、「美少女の白血病」だ。
無菌室での孤独な生活。
抗癌剤による脱毛。
美少女だから、その哀しさが増す。
アタシだっておんなじなのに。
なのに、誰も世界の中心で愛を叫んでくれないじゃないかっ!(笑)

前置きが長くなりましたが、まあ、「みんな、結構、気ぃ遣うでしょ?」てなことで、癌患者本人による、「私の場合はこうですよ」という正解を披露しようかと思う。

一般的に評判が悪いのが、「頑張って」。
「頑張って」と言われると、「頑張ってるよ。これ以上、どう頑張れって言うんだよ!」と思うらしい。
「らしい」というのは、私はあんまり思わないから。
というか、あんまり頑張ってない(^^;

たしかに、言葉のニュアンスによっては、「(お前一人で)頑張って」という、ひどく孤独な気分にさせられてしまうことがないわけじゃない。
けど、普通は、そう言ってくれる相手の気持ちを、ちゃんと感じることが出来るから、有り難いと思える。
思いがけない告白に、何を言って良いのか分からなくて、「頑張って」としか言えないってこともあるでしょう。

でも、あえて要望をあげるとしたら、「いつも応援してるから」とか「いつまでも側にいるから」という言葉を、「頑張って」の前につけてもらえると嬉しいかな。

「いつも応援してるから、頑張って」
「いつまでも側にいるから、頑張って」

もちろん、それが現実に叶わなくてもいい。
「いつも」や「いつまでも」という言葉が、「必ず嘘ではない けれど必ず本当でもない」*ということは、よく分かっているから。
「あの時、そう言ってくれたじゃないの。嘘つき!」なんてことは、絶対言いませんって(笑)

反対に、言われて困るのは「早期なんでしょ?」とか「切れば治るんでしょ?」という類いの言葉。
実際、早期じゃないしな。
悪いとこきれいに取っても、常に再発・転移の可能性に怯えていくことになる。
抗癌剤の副作用も、いろいろ薬で対応出来るようになってはいても、脱毛をはじめ、身体に与えるダメージはやはり大きい。
けど、そんなことを、いちいち説明するのも億劫。
嫌な思いはそんなにしないけど、返答に困るのです。

どんな言葉が一番嬉しいかっていうと、実は「これ!」って決められない。
その人が、ちゃんと私を思って言ってくれた言葉は、全部きちんと嬉しい。
たまに、「それは言って欲しくなかったな」と思うことがあっても、裏に悪意がなければいずれ許せる。
自分の全てを理解してもらうことなど不可能なのだから。
悪意がなくても、あまりに無神経な言葉は許せないけど(笑)

結局、一番慰められ力づけられるのは「人肌」ですよ。
いやいや、大人な意味ではなくてね。
握手とか、頭いいコいいコ(あ、ヅラ注意ね)とか、はぐはぐとか。

なんて事を書くと、「はぐはぐしろよ!」と強制されているかのようで、若造はじめ男性陣はガクブルしているかも知れませんが(笑)
心配するな!
私が、貴方の目の前で、絶望や不安のあまり小鳥のように震えているという、(ほぼあり得ない)極限の状況になった場合にのみ、勇気を出して、おずおずと手を握ってくれればいいです。
だから、安心なさい。

なんか、甘えんぼさんなワタシ披露! みたいになってしまったじゃないの。
恥ずかしい(笑)


*さだまさし『まほろば』より
「例えば ここで死ねると 叫んだ君の言葉は
 必ず嘘ではない けれど必ず本当でもない」

スポンサーサイト

コメント

ありがとう

勇気を持った発言に感謝しました。最近、友達に乳癌らしいと言うお友達にどうすれば良い?と、悩んでましたが、おかげさまで、ヒントを頂きました、ありがとうです!貴女様も、この病を是非克服して頂きたく強く思っています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eldorado0301.blog105.fc2.com/tb.php/162-c3f8f203

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。